【広島】坂倉将吾「不安あるがありがたい」引退した石原慶の背番号31継承「会沢さんという高い壁」越えて正捕手の座へ

坂倉将吾
坂倉将吾

 広島の坂倉将吾捕手(22)が21日、マツダスタジアムでの秋季練習に参加した。

 フリー打撃やランニングなどで汗を流した高卒4年目捕手。来季から、今季限りで引退した石原慶幸氏(41)の背番号31を背負うことが発表され「正直不安はあります。本当にありがたいこと。まずは来年、今年よりいい成績を残せるように頑張るだけ」と真剣な表情で話した。

 石原氏には、すでに報告し「とにかく頑張れ」とエールを送られた。配球面については「『自分の考えを持ってやりなさい』と言われたのでそこは意識しています」と気を引き締めている。

 今季は、自己最多の81試合に出場し、打率2割8分7厘、3本塁打、26打点をマーク。存在感を発揮し、来季への期待も高まっている。「今は会沢さんという高い壁がある。レギュラーを目指さないといけない」と飛躍を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請