【巨人】ドラ1亜大・平内龍太が大学ラスト登板で1回無失点 大学生活は「最高の4年間」

9回からマウンドに上がった平内龍太
9回からマウンドに上がった平内龍太

 巨人にドラフト1位で指名された亜大・平内(へいない)龍太投手(4年)が21日、大学ラスト登板を好投で締めた。

 東京・日の出町の亜大グラウンドで行われた「4年生のお別れ試合」に9回から6番手で登板。最速154キロの直球を軸に、1回無安打無死四球1奪三振で無失点。3年生以下のチームをわずか10球で完璧に封じ、試合を締めた。

 平内は試合後、亜大での4年間を「苦しいこともたくさんあったが、最高の4年間でした。最後こういう場を設けてもらえて感謝しています。こうした形で終わることができて良かったです」と笑顔で振り返った。涙はなく、充実した表情で仲間との別れを惜しんだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請