稲垣吾郎、二階堂ふみとの初共演に「役を全うできた。僕のミューズ」

舞台あいさつを行った二階堂ふみ、稲垣吾郎
舞台あいさつを行った二階堂ふみ、稲垣吾郎

 元SMAPの俳優・稲垣吾郎(46)、女優の二階堂ふみ(26)が21日、東京・神楽座でダブル主演映画「ばるぼら」(手塚眞監督)の公開記念舞台あいさつを行った。

 漫画家の故・手塚治虫さんが1970年代に「ビッグコミック」(小学館)で連載し、禁断の愛とエロスなどタブーに挑戦した異色作を長男の手塚監督(59)が映画化。稲垣が作家の美倉洋介役を、二階堂が不思議な魅力で美倉の心をつかむ、ばるぼらを演じる。大胆なラブシーンも見所だ。

 今作が初共演となった2人。お互いの印象について、稲垣は「デビュー作から二階堂さんを見ていて、ご一緒したいと思った。僕が役を全うできたのは二階堂さんのおかげ。僕のミューズでした」と絶賛。二階堂も「稲垣さんは物心ついたときからスター。稲垣さんの聡明(そうめい)さ博学さが、とっても魅力的になると現場に入る前からかんじていました」と褒め合っていた。

 撮影監督はアジアを中心に活躍するクリストファー・ドイル氏が担当。英語、中国語、日本語が飛び交う中での撮影だったようで、二階堂は「3つの言語が飛び交うが、目指すものは1つ。作品完成に向かう、芸術のあるべき姿を学ばせてもらった」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請