【巨人】高卒2年目左腕の横川凱が5回2失点「抑える技術やボールの精度を上げていきたいです」 みやざきフェニックスL阪神戦

高卒2年目左腕の横川凱が5回2失点
高卒2年目左腕の横川凱が5回2失点

◆みやざきフェニックス・リーグ 阪神6―3巨人(21日、清武第二)

 巨人2軍は21日、みやざきフェニックス・リーグで阪神と対戦し、敗れた。

 先発の横川凱投手(20)は5回を投げて7安打3四球4奪三振で2失点だった。「前回対戦した中で対応をされている感じがあり、手詰まりになった部分はありましたが、その中でも抑える技術やボールの精度を上げていきたいです」とコメントした。

 1軍では今月8日のヤクルト戦(東京D)で、プロ初先発。坂本の2000安打達成というメモリアルデーに、5回3安打1失点と堂々の投球を披露していた。

 この日、打線は2回2死三塁、増田陸の左前適時打で1点を先制。1点を追う5回には立岡の右前適時打で一時は追いついたが、8回に4番手の田中優が2点を失い、勝ち越しを許した。9回には沼田が2点を失い、リードを広げられた。4点ビハインドの9回に香月がソロ本塁打を放ち、1点差に迫ったが反撃はここまでだった。

試合詳細

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請