【川崎】史上最速Vをかけた大分戦は前半34分にDF谷口が一発退場 PKで先制点献上

前半、レッドカードを受け頭を抱える川崎・谷口彰悟(右)
前半、レッドカードを受け頭を抱える川崎・谷口彰悟(右)

◆明治安田生命J1リーグ▽第28節 大分―川崎(21日・昭和電工)

 2年ぶり3度目の優勝を目指す川崎は、史上最速Vがかかった大分との大一番を敵地で迎えたが、前半36分に先制点を許した。

 序盤から本拠地で優勝を阻止したい大分に攻め込まれる時間が続く前半34分。ペナルティーエリア内でMF野村直輝に主将のDF谷口彰悟が手をかけてしまいレッドカード。野村にPKを冷静に沈められ、先制点を許した。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請