創価大の三上雄太が箱根駅伝“仮想5区”で優勝 激坂最速王決定戦@ターンパイク箱根

箱根駅伝「仮想5区」で優勝した創価大の三上雄太
箱根駅伝「仮想5区」で優勝した創価大の三上雄太

 第97回箱根駅伝(来年1月2、3日)で2年連続のシード権(10位以内)を狙う創価大の三上雄太(3年)が21日、神奈川・小田原市スタート、湯河原町ゴールの「激坂最速王決定戦2020@ターンパイク箱根」の登りの部(13・5キロ)で53分10秒(タイムはいずれも手元計測)の好記録で優勝した。前回大会は5区の控え選手だった三上は「今回こそ5区を走りたい。区間賞を狙っています」と意欲的に話した。創価大は前回大会で念願の初シード権を獲得。2年連続のシード権獲得に向けて三上がキーマンとなりそうだ。

 「激坂最速王決定戦2020@ターンパイク箱根」の登りの部はアネスト岩田ターンパイク箱根の小田原料金所をスタートし、箱根大観山口にゴールする13・5キロ。標高差981メートルの「激坂」だ。国道1号線を走る箱根駅伝5区は小田原中継所から16・2キロの最高点まで標高差840メートルを駆け上がり、残り4・6キロを下るため、実際の5区コースとは異なるが、同じ箱根の天下の険。上りの走りの適性と調子を見極めることができる“仮想5区”だ。

 同レースには青学大、東京国際大、順大など各校の5区候補の選手も出場。青学大の「実質5年生」竹石尚人(4年)と脇田幸太朗(2年)は練習の一環として走り、55分7秒の同タイムで4位タイでゴールした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請