【阪神】ドラ7高寺望夢が仮契約「プロの世界でもショートを」 今ドラフト唯一の高校生

仮契約を終え、色紙を手にポーズを決める阪神ドラフト7位の高寺望夢(球団提供)
仮契約を終え、色紙を手にポーズを決める阪神ドラフト7位の高寺望夢(球団提供)

 阪神からドラフト7位指名された上田西高・高寺望夢内野手(18)が21日、長野市内のホテルで入団交渉に臨み、契約金2000万円、年俸480万円で仮契約を結んだ(金額は推定)。

 オンラインで報道陣の取材に応じ「より実感がわいてきたというか、そういう気持ちです。プロの世界でもショートを守れるような守備力をつけて、できるだけ早い段階で(1軍に)行けたらいいと思います」と意気込んだ。

 9月上旬に東京Dで行われた「プロ志望高校生合同練習会」では、8打席で6打数5安打2四球と猛アピールした。高校通算31本塁打の打撃に加え、50メートル6秒0のスピードが武器。今ドラフト唯一の高校生は憧れのソフトバンク・今宮のような遊撃手を目指す。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請