吉村府知事、東京五輪の開催に「どうやったらできるのかを考えてやるべき…諦めたらそこで終了」

吉村洋文大阪府知事
吉村洋文大阪府知事

 大阪府の吉村洋文知事が21日、日本テレビ系「ウェークアップ!ぷらす」(土曜・前8時)に生出演した。

 番組では、新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、東京五輪開催への連携を深めるため国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長が来日したことを報じた。バッハ氏は17日、五輪の開閉会式などを行うメインスタジアムの国立競技場を視察し「本当に感動的。9か月後には実際にアスリートがここに入ってくる。まだ五輪ではないのに、既に五輪のような素晴らしい雰囲気」などと述べた。

 吉村氏は、東京五輪の開催に「ワクチンがどうなるかがひとつの大きなポイント」とした上で「それが仮にできない場合に、本当にやるのかどうかが大きな判断になると思いますが、僕はどうやったらできるのかを考えてやるべきじゃないかなと思います」と述べた。

 さらに「感染症対策を何とか取りながらやる。諦めたらそこで終了なので」とし「五輪をやれば、五輪だけじゃなくて次のいろんな日本の動きとか経済対策とかいろんな感染症対策のレベルも含めて一歩前へ踏み込む。なんとか五輪は成功してもらいたいと思っています」と述べていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請