【日本ハム】ドラフト3位、上武大・古川裕大捕手が仮契約 開幕1軍「そこは目標に」最終目標は巨人・阿部慎之助

仮契約を終え、上武大の建学の精神「雑草精神(あらくさだましい)」を前に打撃フォームを決める日本ハムドラフト3位の古川
仮契約を終え、上武大の建学の精神「雑草精神(あらくさだましい)」を前に打撃フォームを決める日本ハムドラフト3位の古川
捕手の構えをする古川
捕手の構えをする古川

 日本ハムからドラフト3位指名された上武大の古川裕大捕手(22)が20日、群馬・高崎市内の同大で契約金5000万円、年俸900万円(金額は推定)で仮契約した。大学3年時には侍ジャパン大学代表にも選ばれた強打の正捕手候補。同じ右投左打のレジェンド、巨人・阿部慎之助(現巨人2軍監督)を最終目標に掲げつつ、「そこは目標にやっていきたい」と開幕1軍スタートを誓った。

同じ右投左打 古川は堂々と宣言した。即戦力として期待される中での入団へ、開幕1軍への思いを問われると力強く答えた。「そこは目標にしてやっていきたいと思います」。プロとして、日本ハムの選手としてのスタートラインに立った。

 小学3年で野球を始めてから捕手一筋。父親や祖父が巨人ファンだった影響で球界を代表する名捕手、阿部慎之助が目標だ。通算406本塁打の強打とリーダーシップで伝統球団をけん引する姿に憧れ続けてきた。同じ右投左打の捕手として「目標としてやってきた。そこは(今後も)目標ではあります」。レジェンドの背中を追いかけて、球界を代表する捕手へと成長するつもりだ。

 今季、チームは宇佐見が80試合、清水が69試合に出場したが不動の正捕手は不在。チームの核が定まらず、2年連続の5位に沈んだ。同席した大渕スカウト部長は「捕手の競争を激しくして、ファイターズの捕手陣のレベルを上げる人物として適役。打撃でも長所があり、打てる捕手ということが最終目標だと思う。そうなってほしい」と説明。実力に加えて、チームにもたらす影響の大きさにも期待を寄せた。

 当面は来年1月の新人合同自主トレへ向けて、万全の準備を進めていく。「少しでも早く戦力になれるように。捕手のスキルとしての、キャッチング、スローイング、ブロッキングなどをもう一段階レベルアップできるように」。新人合同自主トレの後には開幕1軍をかけた春季キャンプがスタートする。北の大地で羽ばたくために、いまは自分自身を磨いていく。(小島 和之)

 ◆古川 裕大(ふるかわ・ゆうだい)1998年6月19日、福岡・八女市生まれ。22歳。小学3年から野球を始め、久留米商を経て上武大へ入学。19年には侍ジャパン大学日本代表に選出された。遠投110メートル、50メートル走6.2秒。182センチ、82キロ。家族は両親と妹、弟。

仮契約を終え、上武大の建学の精神「雑草精神(あらくさだましい)」を前に打撃フォームを決める日本ハムドラフト3位の古川
捕手の構えをする古川
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請