【Tリーグ】張本妹・美和、敗戦も「全部出せた」12歳シングルス初出場MVP森さくらに堂々プレー

Tリーグでシングルス初出場を果たした神奈川・張本美和(Tリーグ提供)
Tリーグでシングルス初出場を果たした神奈川・張本美和(Tリーグ提供)

◆Tリーグ 日本生命3―1神奈川(19日)

 女子の木下アビエル神奈川は12歳の張本美和がシングルスでは初出場を果たした。日本生命レッドエルフの森さくら(24)に0―3も、堂々のプレーを披露した。日本生命は3―1で初勝利。トップ名古屋は今季初戦で日本ペイントマレッツに1―3で敗れた。“事務局員兼任”で現役復帰の井林(旧姓・松沢)茉里奈(28)はダブルスに出場も惜敗した。男子は琉球アスティーダが岡山リベッツに3―1で2連勝とした。

 12歳がTリーグの舞台で持てる力をぶつけた。張本美は初年度の19年2月にダブルスで史上最年少の10歳でデビューしたが、シングルスは3季目で初出場。昨季MVPで最多勝の森に0―3で敗れたものの、フォアの連続攻撃など積極的にプレー。「緊張したけど、自分の技術は全部出せて良かった」とはにかんだ。

 コロナ禍で3月から仙台の実家に帰省していた東京五輪代表の兄・智和と頻繁に練習試合を行う時間があった。「すごい楽しくて、自分の実力も試せて良かった」。5、6回に一度は勝つこともあったという。

 早めの就寝や牛乳を毎朝飲む生活を心掛け、1月に156センチだった身長も162センチに伸び、「足が長くなったのでいろんなボールが取れるようになった」と実感。劉燕軍監督も「すごくいい試合をしてくれた。次も楽しみ」と今後の起用を示唆した。(林 直史)

 ◆張本 美和(はりもと・みわ)2008年6月16日、仙台市出身。12歳。木下グループ所属。元選手でコーチの父・宇さん、母・凌さんの影響で卓球を始め、3歳で大会に初出場。小学生以下の全日本選手権で2度優勝。19年東アジアホープス大会、20年ジュニアサーキット・チェコOP優勝。右シェークドライブ型。身長162センチ。背番号16。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請