石原さとみ、結婚発表後初ドラマ「今だからこそできる作品」…テレ東系「人生最高の贈りもの」

ドラマ内で余命宣告を受ける石原さとみ
ドラマ内で余命宣告を受ける石原さとみ

 女優の石原さとみ(33)がテレビ東京系スペシャルドラマ「人生最高の贈りもの」(来年1月4日放送、後8時)に主演することが19日、分かった。10月に同年代の会社員男性と年内結婚を発表後、初のドラマ主演となる。

 演じるのは、余命宣告を受けた主人公・田渕ゆり子。夫とともに長野県安曇野ののどかな町で暮らしていたが宣告を受け、東京で一人暮らしをする父のもとに帰る。いきなり始まる父との同居生活。石原は「私自身、父親とふたりっきりで生活することが人生で一度もないので、少し難しかったです」と振り返る。

 ゆり子は帰省理由や体調を父に一切明かさず、ぎこちなさを感じながら日々の生活を過ごす。石原も「自分の命と向き合う時に、そこを少しだけ近づけていくっていうのはすごく美しくて、そういう選択があるのだと感じました」と、ゆり子の気持ちを推し量る。

 自身はまだ婚姻届提出については明かしていないが、新婚生活が始まろうとする幸せの絶頂を迎えようとしている時期。「自炊してものがすごくおいしくて、体も喜んでいるのが分かるんです」と明かす。「お茶を入れるにしても、ご飯を作るにしても、ただ家で過ごすにしても、自分自身の生活にも豊かさを生み出すことに幸せを感じられる今の自分だからこそできる作品だと感じました」と感慨深げだ。

 今作がテレ東ドラマ初主演となる。「台本を読んでも、現場に入ってからもあたたかい気持ちになれて、今の自分だからできると思える作品に出会えました」と思い入れを語っている。

 ◆「ひよっこ」描いた岡田惠和氏が脚本

 ○…作品は脚本にNHK連続テレビ小説「ひよっこ」、映画「いま、会いにゆきます」で知られる岡田惠和氏(61)、監督に石橋冠氏(84)と大物が手がける。石原について岡田氏は「大好きな俳優さん。今回、やっと出会えたと思っています。うれしいです」。石橋氏も「理想のキャスティングでした。明るさと悲しさ、それを自然にこなした豊かな表現力に驚きました」と舌を巻いている。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請