元楽天・山村宏樹さんの息子、仙台大進学…甲府工・貫太外野手「試合に出られるように」

仙台大に進む甲府工・山村(写真は昨秋県大会のもの)
仙台大に進む甲府工・山村(写真は昨秋県大会のもの)
山村宏樹さん
山村宏樹さん

 仙台六大学野球・仙台大に、元楽天投手でスポーツコメンテーターの山村宏樹さん(44)の息子である、甲府工(山梨)の貫太外野手(3年)が進学することが19日、わかった。

 宮城に戻って実力をつける。仙台大に合格した山村は「幼い頃に暮らしていたので仙台は地元という意識が強かった。(所属する仙台六大学で)1位の東北福祉大を倒したい、倒すのであれば、どの大学かと考えて決めました」と理由を語った。父・宏樹さんが05年から引退した12年まで楽天に在籍。その間は仙台に住んでおり、小学校卒業までいたため、思い入れは強い。

 甲府工では1年秋に関東大会出場も、甲子園出場はならなかった。仙台大は過去2度の全日本大学野球選手権出場も、ここ5年は出場を逃している(今年は中止)。全国出場へ、倒さなければならないのは福祉大。持ち味の打力を発揮し、大学でも早期の定位置奪取を狙う。「部員の数も多い。そのなかでしっかり目立って、試合に出られるようにやっていきたい」と意気込む山村に、宏樹さんも「しっかりと野球を学んでほしい」とエール。山梨で身につけたことを忘れず、宮城でさらに成長して、父の後を追ってプロ野球選手を目指す。

 ◆山村 貫太(やまむら・かんた)2002年9月11日、大阪府生まれ、18歳。宮城・長町小3年頃から野球を始める。山梨・敷島中時代は甲府南リトルシニアでプレー。甲府工では1年秋から外野手でレギュラー。家族は両親と妹。178センチ、76キロ。右投右打。

仙台大に進む甲府工・山村(写真は昨秋県大会のもの)
山村宏樹さん
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請