【巨人】保科昭彦元球団代表が死去…長嶋ジャイアンツ初の日本一をバックアップ

スポーツ報知

 読売新聞グループ本社は19日、巨人の球団代表などを歴任した保科昭彦(ほしな・てるひこ)氏が15日に脳梗塞により88歳で死去したと発表した。葬儀は近親者で執り行われた。

 保科氏は1956年に読売新聞社に入社。地方部、静岡支局などを経て婦人部長、解説部長を歴任。中小企業経営、生活経営などの専門分野で活躍し、88年に総務局長兼人事部長。91年から取締役となり、92年6月に巨人の球団代表に就任。94年に長嶋茂雄監督が初の日本一となった際の代表としてバックアップした。96年1月に退任し、読売新聞西部本社代表となった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請