【巨人】日本シリーズ全試合DH制ソフトバンク案に「有利不利ではない」と賛同…NPBが経緯説明

スポーツ報知
練習を見つめる原辰徳監督

 プロ野球12球団は19日、臨時実行委員会を開き、巨人とソフトバンクが出場し、21日に開幕する「SMBC 日本シリーズ2020」で、全試合で指名打者(DH)制を導入することを決定し発表した。

 本来はパ本拠地(ペイペイD)の第3、4、5戦でDH制を採用し、セ本拠地(今季は東京Dが使用できないため京セラD)の第1、2、6、7戦では採用しないルールだった。

 今年は交流戦がなくパ・リーグ投手が打席に立つ機会がなかった。コロナ禍で投手の肉体的負担を考慮してソフトバンク球団側から提案があり、12球団で特例ルールの導入を決定。パ・リーグの投手はシーズンで投手が打席に立つケースがなく、バットスイングや走塁による故障など、あらゆるリスクを考慮した。

 報道陣に対応したNPBの井原事務局長は「ソフトバンクホークスさんの提案の趣旨は、通常のシーズンと比べて選手の疲労度、肉体的負担が格段に大きかった特殊なシーズンでありました。これを踏まえて投手の肉体的負担、故障のリスクを少しでも軽減するためにコロナ特例の一つとしてご提案をいただきました」と説明。その上で「相手球団の巨人軍さんからは、球団として有利不利という話でなくて、このコロナ禍においてソフトバンクホークスの提案は十分、理解できるというご意見がありました」と経緯を説明した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請