東京六大学が就活セミナーを開催…六大学で得たものを選手たちはどう生かすのか

東京六大学で活躍した早大・早川隆久
東京六大学で活躍した早大・早川隆久

 東京六大学野球連盟は18日、就職セミナーをオンライン(ウェビナー)で開催し、六大学の野球部と応援部の新4年生、約170人が参加した。

 大学野球リーグの中で、最も長い歴史を持つ東京六大学。4球団が競合したアマNO1投手の早大・早川隆久ら、今年は7人のプロ選手を輩出。ほかにも、社会人野球チームなどで野球を続ける者もいれば、野球を引退して一般企業に就職する者など、進路はさまざまだ。

 22年卒業予定の大学生の就職活動スケジュールは、来年3月に採用情報が解禁されてエントリー受付開始、6月に面接などの選考解禁となっているが、だからといって3月から就活を本格的に始めるのでは遅い。今回のセミナーでは一般企業に就職する者が就活に出遅れないよう、今後のスケジュールやESの書き方、SPIなどの筆記試験や面接対策といった就活の情報などを講師がアドバイスした。

 オンラインではあったが、質疑応答も行われた。野球部員から「面接などでのエピソードとして野球を頑張ってきたというエピソードだけでライバルに勝てますか」という質問に対し、アスリート・キャリアアドバイザーの木下博之氏は「エピソードだけでなく過程をしっかり説明して、その結果、どうなったのか、何を得たのかを説明できなければ面接官に何も伝わらない」とアドバイス。私は就活セミナーに参加したことはないが「企業は学生が4年間で何を頑張ったかではなく、頑張った結果、何が身につき、何を得たのか、その得たものは会社にどう生かすことができるのかを知りたいのだ」と就活本で読んだ記憶がある。結果として、野球を頑張ってきたというエピソードだけではライバルには勝てない。しかし、そのエピソードは調理の仕方によって、とても大きな武器になるだろう。

 大学野球の4年間は一生に一度。木下氏は「まずは大学野球をしっかり満喫してほしい」とおっしゃっていたが、私も同意見である。こうしたセミナーを開催するなど、選手たちが大学野球を満喫できるよう、しっかりとサポートしている連盟には頭が下がる思いだ。

 六大学野球でプレーすることは誰しもができる経験ではないし、各々得たものは異なってくるはずだ。練習やリーグ戦などと並行して行う就活は、体育会でない学生と比べて負担も大きく、大変だと思うが、六大学野球で得たものを選手たちがどう企業にアピールし、入社後企業にどう生かしていくのか、非常に興味深い。(記者コラム・灰原万由)

コラムでHo!とは?
 スポーツ報知のwebサイト限定コラムです。最前線で取材する記者が、紙面では書き切れなかった裏話や、今話題となっている旬な出来事を深く掘り下げてお届けします。皆さんを「ほーっ!」とうならせるようなコラムを目指して日々配信しますので、どうぞお楽しみください。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請