プロレス・格闘技議連が発足 初代会長就任の馳浩議員「健全な興行、選手の安全を守りたい」

超党派の「格闘技(プロレス・総合格闘技等)振興議員連盟」設立総会で会長に就任した馳浩衆院議員(右は野田佳彦議員)
超党派の「格闘技(プロレス・総合格闘技等)振興議員連盟」設立総会で会長に就任した馳浩衆院議員(右は野田佳彦議員)

 超党派でプロレスをはじめとする格闘技を支援する国会議員の組織「超党派 格闘技(プロレス・総合格闘技等)振興議員連盟」の設立総会が19日、東京・永田町の衆議院第一議員会館で行われた。

  • 超党派の「格闘技(プロレス・総合格闘技等)振興議員連盟」設立総会に出席した馳浩議員と今井絵理子議員
  • 超党派の「格闘技(プロレス・総合格闘技等)振興議員連盟」設立総会に出席した馳浩議員と今井絵理子議員

 この場で会長に就任した元IWGPジュニアヘビー級王者でもある馳浩衆院議員(59)=自民党=は「新型コロナでプロレス、格闘技団体が苦しんでいる中、議員の中からもなんとか頑張りませんかという声が集まった。我々が受け皿として、何かあった時に健全な興行と選手の安全を守ることを目標にこういう時にこそ超党派で集まれないかと、格闘技好きの先生方にお声がけさせてもらった。しっかりした団体、業界なんだなと思わせるような働きかけをしていきたい」と決意表明した。

 会見には、賛同した公明党の太田昭宏衆院議員(75)、リアルジャパンでコミッショナーを務めている国民民主党の榛葉賀津也参院議員(53)、立憲民主党の野田佳彦衆院議員(63)、野田聖子衆院議員(60)、無所属の須藤元気参院議員(42)らが発足メンバーとして出席。議員席には長男がレスラーデビューする今井絵理子参院議員(37)の姿も見られた。

 また、新日本プロレスの菅林直樹会長、大張高己社長、全日本プロレスの福田剛紀社長、NOAHの高木三四郎社長、RIZINの榊原信行代表ら7団体の代表も出席。大張社長は「コロナで苦戦しているプロレス界に最強の援軍が現れたと思っています。大きな期待を寄せています」と発言。榊原氏も「コロナで収容人員が半分となるなどのピンチの中、先生方に一歩を踏み出していただいたことがありがたい。格闘技、武道の精神を絶やすことがないよう、コロナ下の興行に努力していきたい」とした。

超党派の「格闘技(プロレス・総合格闘技等)振興議員連盟」設立総会で会長に就任した馳浩衆院議員(右は野田佳彦議員)
超党派の「格闘技(プロレス・総合格闘技等)振興議員連盟」設立総会に出席した馳浩議員と今井絵理子議員
すべての写真を見る 2枚

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請