日本代表入り、国内組で注目の選手は?三笘薫や江坂任、古橋亨梧ら候補選手一覧

18日の川崎―横浜M戦の後半ロスタイム、ゴールを決め三笘薫(左)と喜ぶ川崎・小林悠(カメラ・宮崎 亮太)
18日の川崎―横浜M戦の後半ロスタイム、ゴールを決め三笘薫(左)と喜ぶ川崎・小林悠(カメラ・宮崎 亮太)

 森保ジャパンの次の活動は、来年3月に再開されることが発表されたカタールW杯アジア2次予選。コロナ禍の影響がどこまであるかは不透明だが、W杯予選からは国内組も合流する見通しだ。

 今季のJリーグで抜群の存在感を発揮しているのは、首位を独走する川崎のルーキーMF三笘。独特のドリブルを武器に12得点をマーク。東京五輪世代ではあるが、A代表に入り込めるだけのインパクトは残しているとみていい。

 今回のオーストリア遠征で不調に終わった攻撃陣では、「オルンガの相棒」として9得点8アシストをたたき出す柏・江坂が注目株。日本人トップの13ゴールを決めている川崎・小林、12得点の神戸・古橋も候補に挙げたい。

 ◆国内組の日本代表候補

 ▼GK

 東口順昭(34)=G大阪=、大迫敬介(21)=広島=

 ▼DF

 昌子源(27)=G大阪=、永戸勝也(25)=鹿島=、橋岡大樹(21)=浦和=

 ▼MF

 大島僚太(27)=川崎=、井手口陽介(24)=G大阪、坂元達裕(24)=C大阪、三笘薫(23)=川崎=

 ▼FW

 小林悠(33)=川崎=、江坂任(28)=柏=、古橋亨梧(25)=神戸=

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請