滋賀栗東、激戦を逆転で制し優勝!…第4回大阪東ボーイズ大会

滋賀栗東ナインは優勝し歓喜の輪をつくった
滋賀栗東ナインは優勝し歓喜の輪をつくった

◆第4回大阪東ボーイズ大会 ◇中学生の部 ▽決勝 大淀ボーイズ6―8滋賀栗東ボーイズ(14日・大阪産業大学附属高校グラウンド)

 「第4回大阪東ボーイズ大会」は14日決勝が行われ、滋賀栗東ボーイズ(滋賀県支部)が大淀ボーイズ(大阪北支部)との激戦を逆転で制し、頂点に立った。

 勝利の瞬間、滋賀栗東ナインは、マウンドで歓喜の輪をつくった。「全員の勝利への貪欲さ、気持ちで勝った」。逆転の3点二塁打を放った堀井主将も、その輪のなかで、満面の笑みを浮かべた。

 3点を追う7回だった。1死から、山村の適時打などで1点差に。なおも1死満塁とすると、頼れるキャプテンが左中間を真っ二つに割る値千金打。この回5点を挙げ、勝負を決めた。

 初回には、4番・若井が「先制点を早く取りたかった。自分で決める」と先制三塁打を放った。続く筒井も「絶対、走者をかえそうと思った」と左前適時打。5回には、2死二、三塁から、三塁走者・小代が「足には自信があった。監督にアドバイスを受け、チャンスを狙っていた」と本盗を決めるなど、ナインは最初から最後まで貪欲に戦った。

 MVPにも選ばれた堀井は「準決勝でも決勝でも団結の強さを見せることができた」と満足そう。淺野監督も「打力に力を入れていた成果を出せた。今年はこの優勝で、いい終わり方ができそう」とうれしそうにナインの肩を叩いた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請