バロッテリ、英2部リーグの下位チームに移籍か

マリオ・バロテッリ
マリオ・バロテッリ

 元イタリア代表FWで、インテル、マンチェスターC、ACミラン、リバプールなど、セリエAとプレミアリーグの一流クラブを渡り歩いたマリオ・バロッテリ(30)が、イングランド2部で16位と苦闘するバーンズリーと入団交渉に入っていることが18日までに明らかになった。

 英大衆紙『ザ・サン』が掲載した記事によると、バロッテリは生まれ故郷のクラブであるブレシアとの契約が切れ、現在はフリー。バーンズリー側は元イタリア代表FWを即戦力を見なし、現在英2部リーグの下位に沈む現状を変える切り札として獲得を目指しているという。

 しかし同紙の記事によると、”悪童バロッテリ”は今も健在。ブレシアとの契約が切れたのも、今年の6月、7月にかけてクラブ練習を無断欠勤し続けたことが原因という。また、バロッテリは最近、イタリアのテレビ番組に出演してインタビューに応じた際、女性を不快にさせる冗談を披露してひんしゅくを買っている。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請