柴崎岳が力不足痛感…メキシコは「見習うべき相手」

メキシコのピサロ(右)と競り合う柴崎(ロイター)
メキシコのピサロ(右)と競り合う柴崎(ロイター)

◆国際親善試合 日本 0―2 メキシコ(17日、オーストリア・グラーツ)

 サッカー日本代表は17日(日本時間18日)、国際親善試合でメキシコ代表に0―2で敗れた。13日のパナマ戦(1〇0)から先発9人を入れ替えた前半はチャンスを決めきれず0―0で折り返すと、後半18分にペナルティーエリア左を崩されてFWヒメネスに先制点を献上。同23分には縦パスに抜け出したMFロサーノに決められ、5分間で2点を奪われた。

 ボランチで先発出場したMF柴崎岳は試合後のオンライン会見で、相手との差を聞かれ「差というより、自分たちの実力はこんなものかなと捉えている。まだまだ力不足。メキシコとやった場合、力不足を痛感している」とさばさば。メキシコは切り替えの速さや守備の強度など、日本とコンセプトが近く見習うべき点が多かったといい「チームとして成熟度は高められる。個人能力も上げていかないといけない」と今後への課題を口にした。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請