【巨人】ドラ3の中山礼都が仮契約 父とのティー打撃で培ったミート力を武器に「1年目から勝負していく」

仮契約を終え、活躍を誓った巨人ドラフト3位の中山礼都
仮契約を終え、活躍を誓った巨人ドラフト3位の中山礼都

 巨人からドラフト3位指名を受けた中京大中京高の中山礼都内野手(18)が17日、名古屋市内のホテルで仮契約を結んだ。契約金5000万円、年俸600万円(金額は推定)で背番号は現時点では未定。中山は「改めて実感もわきましたし、やらなければいけないなという気持ちになった。気を引き締めてやっていきたい」と力を込めた。

 50メートル5秒9の俊足に加え、高校通算17発のパンチ力を兼ね備えた遊撃手。三振が少ないことも魅力の一つだが、それは幼少から父・慎也さんとほぼ毎日行ってきた4種類のティー打撃の効果と分析した。同じ左打者の阿部慎之助(現2軍監督)や高橋由伸らの打撃を参考に、自宅の3メートル四方ほどの庭で父が上げるボールをひたすらに打ち返した。「(中学時代は)クラブチームの練習が終わってからもやってましたし、平日も学校が終わってから行っていました」と振り返った。

 憧れは2000本安打を達成した坂本だ。「自分の目標はチームの日本一に貢献するということ。それをまず第一に考えて、個人としてはトリプルスリーをずっと目標にしてきたので、そういったものを将来達成できるように。1年目から勝負していく」と意気込んだ。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請