鈴木圭一郎、後輩レーサー吉川麻季と結婚…オート界に快速カップル誕生

現場では助け合いながらマシンを整備している鈴木圭一郎、吉川麻季
現場では助け合いながらマシンを整備している鈴木圭一郎、吉川麻季
結婚指輪を披露し合う鈴木圭一郎と吉川麻季
結婚指輪を披露し合う鈴木圭一郎と吉川麻季

 オートレース界に超ビッグカップルの誕生です!SG8勝を挙げる鈴木圭一郎(25)=浜松・32期=と、吉川麻季(24)=飯塚・33期=が16日に婚姻届を提出し、結婚したことをスポーツ報知に伝えた。史上最速の天才レーサーがハートを奪われたのは、キュートな後輩のアイドル選手だった。

 13年にデビューして以来、史上初となるSG大会4連覇など数々の記録を築き上げるレコードメーカーと、愛くるしいルックスを備えながら男子選手をしのぐ快速を発揮するガールズ選手が“戦場”でじっくりと、丁寧に愛を育んでいた。

 仕事に向き合ういつもの厳しい表情を緩めて鈴木が報告した。「このたび、吉川麻季選手と結婚することになりました。彼女は自分にとって本当になくてはならない、いてもらわなければならない存在です。一番の魅力は他の人にはない感性や人間性を備えているところ。これまでの人生で会ったことのないタイプで、お互いに変わり者同士だから、共鳴し合えたのかもしれませんね(笑い)。プロポーズの言葉ですか?“何があっても気持ちは変わらないので!”だったと思います」

 プロポーズを受諾した吉川は、笑顔を抑え気味に神妙な表情で心境を語った。「みなさんがご存じの通りに、彼は本当にすごい方なので、私には全然釣り合わないなあ、とずっと思い続けていました。でも、数年前のある朝、私の父が突然倒れて、そのまま急逝してしまったんです。あまりに突然だったので私も母もすごく動揺してしまいましたが、ずっとそばで圭一郎さんが私たちを支えてくれて、その時にこのひとが一緒の家族になってくれたらなあ、と思いました。まだまだ子どもができる予定はありませんし、これからも変わらず今まで通りにオートレースへ真剣に向き合いたいと思っています」

 最後は鈴木が輝かしい理想の未来を語った。「これからもレースや人生でいろいろな試練があるはずです。でも、ふたりで一緒にいれば、どんなことも乗り越えていける。そう信じています。仕事から戻って彼女の顔を見るとうれしくなるし、料理も上手なんですよ。彼女が作ってくれるゴボウと豚肉の炒め物はもう最高のごちそうです。料理の名前は知りませんが(笑い)。これからもふたりで全力でオートレースを戦っていきますので、どうか僕たちを見守っていてください!よろしくお願いします!」

 ◆鈴木 圭一郎(すずき・けいいちろう)1994年11月30日、東京都出身、25歳。13年7月に船橋所属、32期生として選手登録される。16年4月より浜松に移籍。通算勝利数は499回、44V、SG優勝8回。最優秀選手賞3回(16~18年)、最優秀新人選手賞2回(13、14年)、年間賞金王3回(16~18年)、日本プロスポーツ大賞功労賞2回(16、17年)。160センチ、50キロ。血液型A。

 ◆吉川 麻季(よしかわ・まき)1996年2月26日生まれ、大分県出身、24歳。17年7月に飯塚所属、33期生として選手登録される。通算勝利数は30回。160センチ、49キロ。血液型AB。

現場では助け合いながらマシンを整備している鈴木圭一郎、吉川麻季
結婚指輪を披露し合う鈴木圭一郎と吉川麻季
すべての写真を見る 2枚

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請