近藤真彦が無期限芸能活動自粛 25歳下美女との不倫認め自ら申し出

ジャニーズ事務所
ジャニーズ事務所

 歌手の近藤真彦(56)が12日発売の「週刊文春」で報じられた25歳下の会社経営者(31)との不倫交際を認め、芸能活動を自粛することになった。17日午前0時過ぎ、所属するジャニーズ事務所が公式サイトで発表した。

 同社によると、報道を受けて近藤本人に事実確認したところ、交際は事実と認めたという。ここ数日、家族と話す時間を設け、16日に本人から「一連の出来事に対する責任を取り、芸能活動を自粛したい」と申し出たことで、同社が無期限の活動自粛処分を決めた。歌手デビュー40周年にともなう仕事の依頼が多数、寄せられていたが、関係各所に丁寧に説明していくという。

 活動自粛する近藤について「この期間を通じて40年間、タレントとして活動することができましたのは多くの方々のご支援によるものであるということを改めて胸に刻み、感謝しながら自身の立場や環境に対する理解を深めることにより、多くのタレントやジャニーズJr.の先輩という立ち場にふさわしく、皆様より信頼していただくことができる人間を目指して精進してまいります」とつづった。

 また、同社としても「ジャニーズJr.に対する指導・監督体制を整えることにより、社会人として必要な社会性を身に着けた上で社会に出ていくことができるような環境作りに努めております」と決意表明。タレントにはコンプライアンス研修やミーティングを行い、求められる資質を学ぶ機会を設けるという。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請