五輪組織委・森喜朗会長、共闘宣言「安倍マリオと森ヨッシーのように助け合いながら」

安倍前首相(中)の首にかけられた「五輪オーダー」の記念品を見る東京五輪・パラリンピック組織委の森会長。右はIOC・バッハ会長(ロイター)
安倍前首相(中)の首にかけられた「五輪オーダー」の記念品を見る東京五輪・パラリンピック組織委の森会長。右はIOC・バッハ会長(ロイター)
16年リオ五輪のセレモニーでマリオ役を務めた安倍首相(共同)
16年リオ五輪のセレモニーでマリオ役を務めた安倍首相(共同)

 安倍晋三前首相(66)は16日、都内の五輪ミュージアムで、IOCから五輪運動の普及と発展への貢献をたたえる「五輪オーダー」(功労章)を授与された。バッハ会長から最高の金章を贈呈され、「東京2020を待ち望み、成功させようと勇んでやまない全ての日本人に成り代わる思いで頂戴する」と感謝した。

 組織委の森喜朗会長は、「ゲームの世界ではマリオにはヨッシーという頼れる仲間がいました。私の名前は喜朗でありまして、ヨッシーであります。これからも安倍マリオと森ヨッシーのように助け合いながら、東京大会の成功に向けて力を尽くしてまいりたい」とスピーチ。安倍氏との共闘を約束した。

 日本人の五輪オーダー受章は4年ぶり63人目で歴代首相としては初めて。安倍氏は16年リオデジャネイロ五輪閉会式で「スーパーマリオブラザーズ」の主人公マリオに扮(ふん)した姿で登場し、話題となった。(高木 恵)

安倍前首相(中)の首にかけられた「五輪オーダー」の記念品を見る東京五輪・パラリンピック組織委の森会長。右はIOC・バッハ会長(ロイター)
16年リオ五輪のセレモニーでマリオ役を務めた安倍首相(共同)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請