中村吉右衛門「歌舞伎界にとって大変な損失。残念」…人間国宝・坂田藤十郎さん死去

中村吉右衛門
中村吉右衛門

 人間国宝で文化勲章受章者の歌舞伎俳優、坂田藤十郎(さかた・とうじゅうろう、本名・林宏太郎=はやし・こうたろう)さんが12日午前10時42分、老衰のため東京都内の病院で死去した。88歳。京都市出身。葬儀・告別式は14日に宝塚歌劇団出身の女優で参院議長を務めた妻の扇千景(87)ら親族で行った。最後の舞台は昨年12月の京都・南座。今年1月に腰の骨折で大阪・松竹座の「壽初春大歌舞伎」を休演し、3月の検査でパーキンソン病と診断され療養生活を送っていた。

 中村吉右衛門「若いときには映画スターとして一世風靡(ふうび)され、そして歌舞伎と両方で活躍されたことは並大抵なことではなかったと思います。とてもマネできることではありません。上方の雰囲気をどこまでも大事にされていた。歌舞伎界にとって大変な損失。だいぶ以前に『角力場』でご一緒しました。このとき上方風でやったのですが、僕はあまりうまくできなかったことが申し訳なくて。そのことも思い出しました」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請