松本白鸚「晩年も若々しくピチピチされていた」…人間国宝・坂田藤十郎さん死去

松本白鸚
松本白鸚

 人間国宝で文化勲章受章者の歌舞伎俳優、坂田藤十郎(さかた・とうじゅうろう、本名・林宏太郎=はやし・こうたろう)さんが12日午前10時42分、老衰のため東京都内の病院で死去した。88歳。京都市出身。葬儀・告別式は14日に宝塚歌劇団出身の女優で参院議長を務めた妻の扇千景(87)ら親族で行った。最後の舞台は昨年12月の京都・南座。今年1月に腰の骨折で大阪・松竹座の「壽初春大歌舞伎」を休演し、3月の検査でパーキンソン病と診断され療養生活を送っていた。

 松本白鸚「いまこの電話で訃報を知りました。びっくりしました。2018年1月から約半年、高麗屋3代襲名披露の口上に出ていただいたことを本当に感謝しています。毎日のようにご一緒できたことが目に焼き付いています。晩年になっても枯れた芸、風格とはまた違っていて、いつまでも若々しくピチピチされていた。上方の女形として、初々しさを失わない方でした。ありがとうございました。そしてお疲れさまでした」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請