V6坂本昌行、トニー賞総ナメ舞台で主演…日本初演「Oslo(オスロ)」

スポーツ報知
「オスロ」に出演する(左から)坂本昌行、安蘭けい、福士誠治、河合郁人

 V6の坂本昌行(49)が、2017年に米演劇界で最も権威ある「トニー賞」などを総なめにし、今回が日本初演となる舞台「Oslo(オスロ)」(来年2月6日開幕、東京・新国立劇場など)に主演することが13日、発表された。1993年のパレスチナ暫定自治宣言(オスロ合意)を題材に、坂本はノルウェーの社会学者という役どころを演じる。

 坂本は、今作が演劇作品賞に選ばれた17年「トニー賞」授賞式でWOWOWの中継ゲストを務めた縁もある。その際、事前番組収録で米ニューヨークを訪問。「(オスロが)とても話題になっていたのを覚えています」と懐かしんだ。

 「オスロ合意」は、当時ニュースで触れた程度というものの「当時の新聞記事に『忍耐と信頼』と。僕らもよく使う言葉だけれど、実際に経験された方から出る、重みを感じます。人が動くことで国をも動かす大きな話。その人物の根底にある、軸にあるものを表現できたら」と力を込めた。

 ほかに安蘭けい(50)や福士誠治(37)、坂本と初共演のジャニーズの後輩「A.B.C―Z」の河合郁人(33)が出演する。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×