大阪泉州が関西秋季大会初戦敗退のリベンジ!見事、大会連覇果たす!!…第45回大淀大会

大会連覇を達成し喜ぶ大阪泉州ナイン
大会連覇を達成し喜ぶ大阪泉州ナイン

◆第45回大淀大会 ◇小学生の部 ▽決勝 大阪泉州ボーイズ6―2大淀ボーイズ(8日・本庄グラウンド)

 「第45回大淀大会」は8日、決勝が行われ、大阪泉州ボーイズ(大阪南支部)が優勝した。優勝候補として挑んだ関西秋季大会ではまさかの初戦敗退。だが、この日は島田が本塁打を放つなど打線が奮起し見事、大会連覇を果たした。

 大阪泉州の“ビッグ2”のバットから、次々と快音が響いた。173センチの島田の見せ場は、1点差に追い上げられた5回だ。1点を追加したあとの2死二塁から中越えに本塁打。自宅で1週間に1000球の打ち込みをしてきたという4番打者は「ここの球場は狭いので、いつもホームランを狙っている。打った瞬間いったと思った」と胸を張った。

 175センチの1番打者・水口は「全打席ヒットを打つ」と宣言して打席に立った。その通り3打数3安打とシュアな打撃を披露。3度とも生還し大会連覇に貢献したが「優勝は気持ちいいが、ホームランを打ちたかった」と苦笑いを浮かべた。その水口は、捕手としても先発・服部を好リード。2失点と好投した右腕も「追い上げられた時はヤバいと思ったが、優勝できてうれしい」と喜んだ。

 優勝候補として挑んだ関西秋季大会で、まさかの初戦(2回戦)敗退。「一人ひとりは力があるが、コロナで気持ち的にバラバラになっていた。それをまとめるのがしんどかった」と黒川主将。その努力が実ってナインはひとつに。秋晴れに笑顔がはじけていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請