昨秋神宮大会覇者の中京大中京・印出主将が早大に合格 東邦・吉納、山梨学院・栗田らも

攻守でチームを牽引した中京大中京の印出主将
攻守でチームを牽引した中京大中京の印出主将

 東京六大学リーグの早大は13日、昨秋の明治神宮大会を制した中京大中京(愛知)で主将を務め、中日にドラフト1位で指名された高橋宏斗投手(3年)とバッテリーを組んでいた印出太一捕手(3年)ら4人がアスリート選抜入試に合格したと発表した。

 その他は、昨春のセンバツを制した東邦(愛知)で主に5番を打った吉納翼外野手(3年)、山梨学院で1年春からレギュラーを務め、1年夏から4季連続で甲子園に出場(3年春は中止)した栗田勇雅捕手(3年)、2年時に春夏連続で甲子園に出場した筑陽学園の大型遊撃手・中村敢晴内野手(3年)が合格した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請