飯塚翔太の冬期練習テーマは「後半のペース維持」 オフにはSNSでリフレッシュ

発表会に出席した飯塚翔太 
発表会に出席した飯塚翔太 

 2016年リオ五輪陸上男子400メートルリレーで銀メダルを獲得した飯塚翔太(29)=ミズノ=が12日、都内で行われた「『ビーツドリンク』商品発表会(塩水港精糖グループ)」に出席した。

 奇跡の野菜と呼ばれる「ビーツ」を飲みやすいドリンクとして商品化。飯塚は「健康にすごくいい。手軽でおいしいので、毎日でも飲めます」とアピールした。栄養素が豊富でアンチエイジング効果も期待される食品なだけに、「これを飲んで、僕も現役生活を長く続けていきたいですね」と笑顔で話した。

 今季は10月の日本選手権で100メートル4位、200メートル優勝と安定した走りを見せた。シーズンを終えてオフを挟み、約2週間前からトラックを使った練習を再開。約10日間のオフには、SNSでファンと交流。「今季は無観客のレースも多く、競技場での交流は難しかったですからね。やりがいというか、こういった形の貢献も楽しかったです」とリフレッシュした。

 冬期練習は技術面を重点的に改善していくという。「後半のペース維持は、世界と戦っても劣っている部分。そこを減速しないようにしていきたい」。向上心を持って、速さに磨きをかける。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請