【中日】育成3位指名、最速145キロ右腕の精華高・松木平に指名あいさつと仮契約 「奪三振王を取りたい」

スポーツ報知
中日の育成3位指名、精華高の松木平優太投手

 中日から育成3位指名を受けた精華高の松木平優太投手(17)が12日、堺市内の同校で松永編成部長らから指名あいさつと入団交渉を受け、支度金200万円、年俸300万円で仮契約を結んだ。最速145キロ右腕は「だんだんプロ野球の世界に近づいていっているんだなと実感してきて、さらにギアが上がってきました」と気合を入れた。

 高校入学時は163センチ、53キロで三塁手、兼投手として試合に出ていたが、新チームになって「ピッチャーをやりたい」と監督に伝え、昨秋から本格的に投手に転向。走り込みやタイヤの押し引きなどトレーニングが急激に増え「慣れるまでしんどかった」と振り返る。しかし、その効果もあり今では178センチ、70キロ。120キロ後半だった球速は最速145キロまで成長した。

 インドネシアと日本のハーフで現在は大学生の姉・ゆにさん(19)とで2人暮らし。近くに住む親戚が食事トレーニングを支えてくれている。栄養や量などを考えて夜ご飯とお弁当を作ってくれ、「支えてもらった方に恩返しをしたい」と感謝する。

 担当の山本アマスカウトチーフ補佐は「肘の使い方や柔らかさ、バランス良く投げている。(楽天の)岸とタイプ的には同じ。それくらいになってくれれば楽しみ。2、3年で体ができれば150キロは投げられる」と期待を寄せた。右腕は「1番下から1番上にはい上がり、1軍で完封勝利を収めたい。奪三振王を取りたい」と力強く意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請