【関東地区大学野球選手権】桐蔭横浜大が7年ぶり2度目の優勝 エース片山が粘って完投

粘投でチームを優勝に導いた横浜桐蔭大の片山
粘投でチームを優勝に導いた横浜桐蔭大の片山

◆関東地区大学野球選手権大会▽決勝 桐蔭横浜大4―3創価大(12日・横浜)

 横浜桐蔭大(神奈川大学1位)が、7年ぶり2度目の優勝を果たした。

 3回1死二、三塁から1番の内山昂思(こうし)右翼手(4年=青森山田)がレフトの左をライナーで抜ける2点二塁打。なおも2死三塁の場面で、3番・瀬戸泰地二塁手(4年=仙台育英)が左前タイムリーを放ち3―0とした。

 5回表には1死二、三塁から、西武ドラフト1位の渡部健人三塁手(4年=日本ウェルネス)がライトへ犠牲フライ。1点を追加した。

 その裏、創価大は4番・藤原魁捕手(4年・関西創価)の右越本塁打で1点を返すと、6回無死一塁から巨人育成ドラフト11位の保科広一外野手(4年=遊学館)が右中間を破るタイムリー。三塁を狙ってアウトとなったが、2点差とした。そして7回には、6番・門脇誠遊撃手(2年=創価)が右越本塁打を放ち3―4としたが、反撃はここまで。桐蔭横浜大の左腕エース・片山皓心(ひろみ)投手(4年=日立一)が8、9回を無失点で締めて優勝投手となった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請