【湘南】採点&寸評 今季初ゴールの斉藤を高評価 MOMはデュエルの強さで完封勝利に貢献した18歳DF田中

11月11日、湘南−横浜M戦の湘南スタメン
11月11日、湘南−横浜M戦の湘南スタメン

◇明治安田生命J1リーグ▽第26節 湘南1―0横浜M(11日・BMWス)

 湘南は東京五輪世代MF斉藤未月(21)の今季初ゴールで横浜Mに1―0で勝利した。0―0の後半17分、MF茨田の左CKをニアサイドでFW指宿が頭ですらせたボールを豪快に頭で押し込んで先制した。終盤は相手の猛攻をしのぎ、2試合連続で無失点。今季初の2連勝を飾った。

 採点、寸評は以下の通り。

浮嶋敏監督【6・5】選手が負傷後は素早い判断で交代。的確な分析から練習を重ねたセットプレーで狙い通りに得点し、今季初の2連勝に導いた

GK谷晃生【6・5】対応誤ってピンチ招く場面あったが、前半32分には右手1本で阻止と好セーブ連発。2試合連続で無失点

DF舘幸希【6・5】デュエルの強さ、巧みなカバーリングで堅守。エリキとのスピード勝負でも負けなかった

DF田中聡【7・0】MOM。猛烈プレスで何度もボール奪取し、攻撃参加でも持ち味発揮。18歳らしいアグレッシブさと、18歳らしからぬ冷静さで完封勝利呼び込む

DF石原広教【6・5】CB中央、終盤は左WBで相手の突破を阻止。パワフルに動きまわる外国人FWへ冷静に対応した

MF金子大毅【6・0】アンカーとしてチーム最長の12キロを走り、広範囲で攻守。3バックとともにビルドアップで存在感

MF岡本拓也【6・0】好クロスで決定機を演出。前半はエリキ、後半は前田と快足アタッカーに粘り強く対応した

MF斉藤未月【6・5】166センチの小兵ながら豪快ヘッドで今季初弾。体張ったボール奪取からドリブル、縦パスしたシーンは圧巻だった

MF茨田陽生【6・0】精度高いFKで決勝点を呼び込む。巧みなプレスでパスカットと攻守で存在感示した

MF畑大雅【6・0】両軍最多のスプリント25回。左サイドで仕掛けてクロス連発し、精度が上がれば脅威となる。守備では抜かれても快足で好カバーした

FW指宿洋史【6・5】前半に決定機を外したが、後半にCKをニアで絶妙なフリックでアシスト。持ち味のポストプレーも光った

FWタリク【5・0】前線を精力的に走り回ったが、ボールを持って前向いた時の連携は今ひとつ。無念の負傷交代となった

MF中川寛斗【5・0】後半7分IN。スピード感ある裏への動き出しは存在感あったが、シュート0本と物足りなかった

MF山田直輝【5・5】後半21分IN。危険察知にたけた守備で貢献。テンポの良いパス回しでチャンスメイク

MF松田天馬【5・5】後半21分IN。球際で激しいプレスでボール奪取。要所のシュートブロックも効いた

DF坂圭祐【6・0】後半31分IN。ケガから3試合ぶり復帰。CB中央で安定した守備を見せ、無失点で試合を終わらせた

 ※平均点は5・5~6・0。MOMはマン・オブ・ザ・マッチ

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請