【G大阪】12戦無敗!初出場初先発20歳・奥野躍動…14日の川崎V阻止 

スポーツ報知
前半27分、先制ゴールを決めたG大阪・パトリックを祝福する宇佐美(右)と倉田(左)

◆明治安田生命J1リーグ第32節 G大阪1―0神戸(11日・パナソニックスタジアム吹田)

 G大阪は神戸に1―0と勝利し、12戦無敗で2位をキープした。敗れれば、首位川崎の優勝が14日にも決まる可能性があったが、FWパトリック(33)の先制点を守り切って今週末の優勝決定を阻止した。

 G大阪はMF井手口が欠場した穴をJ1初出場初先発の20歳MF奥野が埋める活躍をみせ、2位をキープした。ここまでチームの核としてプレーしてきた井手口は、今週の練習中に負傷したが、代わってボランチに入ったプロ2年目の奥野が「うまくやろうと思わずに自分の良さを出そうと思った」と中盤で持ち味のボール奪取力を発揮。チームは前半27分にFWパトリックが奪った1点を守り切り、大きな勝ち点3をつかんだ。

 G大阪がこの試合で敗れれば、川崎の優勝が14日にも決まる可能性があったが、今週の優勝決定は持ち越しに。「1位のチームとの勝ち点差があることはわかっているが、その背中を見ながら戦っていくしかないと選手たちには話している」と宮本恒靖監督(43)。川崎との勝ち点差は13と逆転優勝は厳しいが、チームは12戦無敗(10勝2分け)とし、2007年に作った13戦無敗のクラブ記録にあと1と迫った。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×