【横浜M】21試合ぶりの無得点で3連敗 ポステコグルー監督「本当に残念な結果」

◇明治安田生命J1リーグ▽第26節 湘南1―0横浜M(11日・BMWス)

 横浜Mは敵地・湘南戦で21試合ぶりの無得点に終わり、今季2度目の3連敗を喫した。

 前半15分にMF天野、同32分にはFWマルコスジュニオールが好機を決めきれず。湘南の守備陣を押し込む時間帯が多かったが、後半17分にセットプレーから先制点を献上した。後半だけで相手の3倍となるシュート9本を放ち、右太もも負傷から10試合ぶりに復帰したFW仲川を後半38分に投入したが、堅守を崩せなかった。

 リーグ2位・61得点を誇る攻撃陣が振るわず、8月15日の敵地・大分戦(0●1)以来、今季3度目となるノーゴール。アンジェ・ポステコグルー監督(55)は「チャンスをたくさん作った中でなかなか決めきれず、本当に残念な結果に終わった」と険しい表情を浮かべた。

 今季はすでに31試合を消化。18日の川崎戦まで8日間で3連戦を行った後、25日からカタールで始まるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の1次リーグ4試合を戦い、勝ち進めば12月7日から決勝トーナメントに臨む。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請