【阪神】藤川球児へ「勝利の女神」妻・英子さんからの手紙…打たれた日に言われる「きょう見てくれてなかったやろ?」って

妻・英子さんからの手紙
妻・英子さんからの手紙

◆JERAセ・リーグ 阪神0―4巨人(10日・甲子園)

 今季限りで現役を引退する阪神・藤川球児投手(40)が、4点ビハインドの9回に登板した。自身の引退試合は全12球直球勝負。最速149キロの直球で1イニングを3者凡退に封じた。藤川を支え続けた妻・英子さんが、夫への直筆手紙を寄せた。

 * * *

 あなたへ

 プロ野球生活22年間、本当にお疲れさまでした。

 これもひとえに、これまで主人を支えてくださった指導者、関係者の皆様、そして、どんな時も熱い声援を送ってくださったファンの皆様のおかげです。この場を借りて、心より感謝申し上げます。

 あなたと出会い、プロ2年目のオフに結婚してから、今年で20年。明るくて、野球にストイックなところはずっと変わらなかったね。LINDBERGの登場曲は付き合っている時にカラオケで歌って「いい曲だね」と話していた思い出の曲。今はファンの皆様とあなたをつなぐ曲にまでなって、すごくうれしい気持ちです。

 結婚してからしばらくは春のキャンプに行っても、毎年のように途中で「けがをしたから帰る」と電話をかけてきていたね。だけど、プロ野球選手として成功しないかも…って思った瞬間は1秒たりともありませんでした。それはあなたの努力を隣で見ていたからだと思います。シーズン中は悩んで、朝まで眠れない日も多かったね。試合後にリビングで何十回、何百回と自分の投げている映像をチェックしたり、対戦チームの試合を見て研究している姿には頭が下がる思いでした。

 あなたがリリーフ投手で1軍に定着してからは、毎日がハラハラドキドキ。楽しんで見ることはできませんでした。所用でどうしても試合を見られなかった時に限って打たれて、「きょう見てくれてなかったやろ?」と言われて(笑)。必死になって、応援した日々もいい思い出です。

 これまで何度も引き際の相談をされたことがあったけれど、今年の8月に「右肘の手術が必要」、「引退する」という言葉を聞いた時は私も「もう十分頑張った」と素直に受け止められました。大好きな野球はこれで一区切りだけど、これからもやりたいこと、好きなことを楽しみながら、精一杯チャレンジしてください。私たち家族はあなたを全力でサポートします。

 英子

試合詳細

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請