【広島】ドラ1・奥川に洗礼 鈴木誠&菊池涼はW快挙に“王手”

スポーツ報知
3回、適時二塁打を放つ広島・鈴木誠

 ◆JERAセ・リーグ ヤクルト7―3広島(10日・神宮)

 広島がヤクルト・奥川にプロの洗礼を浴びせた。3回までに6点を奪い、相手のドラ1右腕をKO。4年ぶりに1番で出場した鈴木誠は3打数3安打で打率3割に復帰した。5年連続3割なら球団初。今季最終戦となる11日の中日戦(マツダ)は欠場する予定で「頭にはもちろんありました。その前から意識して、自分の打撃ができていなかった。自分のスイングができた結果、いい打球が行けばヒットになる。数字を意識するのは難しいと思いました」と、安どした。

 10月に二塁手のシーズン連続守備機会無失策のセ・リーグ記録を更新した菊池涼はこの日も無失策で、一塁手を除く内野手では史上初の守備率10割を継続。こちらも未踏の偉業に王手をかけた。ラスト1試合で4位浮上の可能性を残した佐々岡監督は「(3割を)意識した中で達成するのは素晴らしい。一発回答だから素晴らしい。来年も引っ張ってほしい」と主砲の集中力を褒め上げた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請