【清水】ティーラシン7戦ぶり先発で今季初の連勝だ

スポーツ報知
ゲーム形式の練習でシュートを決めた清水FWティーラシン

 J1清水エスパルスFWティーラシンが14日のC大阪戦(アイスタ)で7試合ぶりの先発を狙う。チームは10日、三保で報道陣のみの公開練習を約1時間半行った。GKを含めて9対9のゲーム形式の練習では、右足と左足の両方でネットを揺らした。「100パーセントの力を出せるように頑張らないといけない」とタイの英雄は意気込んだ。

 ティーラシンがケガから5試合ぶりに復帰した前々節・柏戦(10月31日、0△0)後にクラモフスキー前監督(42)が解任され、平岡宏章監督(51)が就任した。途中出場した前節神戸戦(3日)で8試合ぶりの勝ち点3を手にしただけに「復帰したここ2試合はみんな頑張っているように感じたし、平岡監督になってからもやっていることはほぼ同じ。修正できている」と手応えを口にした。

 指揮官は「調子のいい選手を使う」と競争を促している。ティーラシンは19節の名古屋戦(9月26日)以来先発はないだけに「先発には11人しか入れない」と気合。スタメン奪取し、今季初の連勝へつなげる得点を狙う。

 〇…14日のC大阪戦では来場先着4500人にオレンジ色の「オリジナルニットキャップ」をプレゼントする。「S―PULSE2020」と書かれている。毛糸で作られ、冬場のサッカー観戦などに活用できそうだ。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請