スケボー・四十住さくらのプライベート練習場が地元・和歌山に完成「120点!」

完成したプライベート練習場を披露した四十住さくら
完成したプライベート練習場を披露した四十住さくら

 スケートボード・パーク女子の東京五輪金メダル候補・四十住(よそずみ)さくら(18)のプライベート練習場が地元の和歌山・岩出市に完成し、10日、報道陣にお披露目された。

 自らの名前にちなみ「サクラパーク」と名付けられた練習場は、地元の酒造会社・吉村秀雄商店がもともと精米所として使っていた倉庫を無償で提供。約2か月をかけ、四十住自身の要望も踏まえながらスケボー用の練習場に改装した。倉庫は幅25×奥行き23×高さ約15メートルという巨大なもの。四十住は「出来栄えは120点。地元の方やスポンサーがいい環境をつくってくれて感謝しています」とニッコリ。今までは主な練習場である神戸まで、往復3時間かけて母・清美さんの運転で通っていた。「この練習場は家から5分。往復3時間かけていた分を練習できる」。休日には約8時間も練習にあてているという。金メダルも期待される東京五輪に向け「今持っている技のクオリティーを上げていきたい」と、気持ちよさそうに滑っていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請