プロ野球、1軍枠や外国人枠拡大などの特別ルールを来季も継続へ…選手会と事務折衝

NPB
NPB

 日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が9日、行われ、NPB側から選手会に対し、新型コロナウイルスの影響を考慮して今季導入された1軍枠の拡大などの特別ルールについて、来季も継続する方針と報告された。

 プロ野球は今季、新型コロナウイルス選手の影響を踏まえ、選手の負担軽減を目的に1軍枠や外国人枠を拡大する特別ルールを導入した。選手会によると、1軍の試合に出場可能な出場登録選手は29人から31人、ベンチ入りは25人から26人、外国人枠は4人から5人に拡大されたが、これらは来季も継続の予定と説明があったという。

 新型コロナ感染や感染疑いが発生した際に1、2軍の入れ替えが幅広く可能になる「特例2020」も継続の見通し。本来12回までの延長戦を10回打ち切りとすることについても、選手会の森事務局長も「そのあたりも今年と同じ扱いになると認識している」と話した。

 また、選手会は今オフの契約更改について、120試合に縮小された異例のシーズンを踏まえ、球団側に査定に関して選手が納得するまで説明することや、減収に伴い一律の減俸をしないことなどを要望。この日の事務折衝でNPB側の回答があり、「一律何%のような減俸をする球団はないと回答があった。選手に納得してもらうまで話はするということだった」と説明した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請