紅白も鬼滅 LiSA2年連続盛り上げる!世界でブーム米ビルボードトップ10入り

昨年の紅白歌合戦で熱唱するLiSA
昨年の紅白歌合戦で熱唱するLiSA
昨年のステージでは「鬼滅の刃」と“コラボ”したLiSA
昨年のステージでは「鬼滅の刃」と“コラボ”したLiSA

 空前のブームとなった大ヒット作品「鬼滅の刃」が、大みそかのNHK紅白歌合戦(後7時半)でフィーチャーされることが8日、分かった。

 紅白も鬼滅だ! 原作漫画は史上最速で累計発行部数1億部を突破し、その人気はアニメや映画、音楽に波及。10月16日公開の「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、公開から17日間で国内の歴代興収10位の興行収入157億円を突破している。

 劇場版の主題歌「炎(ほむら)」を歌うのが歌手LiSA(33)。同局関係者によると、アニメのオープニングテーマ「紅蓮華」を披露した昨年に続き、2年連続の出場が確実になった。

 紅白の選考は例年、〈1〉今年の活躍、〈2〉世論の支持、〈3〉番組の企画・演出によって総合的に判断されるが、同局関係者は「LiSAさんは2020年の音楽シーンを象徴するひとり。文句なしの存在」と説明。ここ数年、同局が重視するストリーミングやサブスクリプションの再生回数などのデジタル実績についても「申し分ない」と語った。

 「炎」は、9日付のビルボードジャパンの総合ソングチャート「JAPAN HOT 100」で2週連続で総合首位を獲得。「紅蓮華」が同2位と、上位を独占した。「紅蓮華」は4月から同アニメチャートで16週連続1位にも輝いている。

 その勢いは海を越え、アップルミュージックが行う、世界で最も聴かれている楽曲を紹介するプレイリスト「トップ100:グローバル」で、日本のアーティストとして歴代最高位の10位を記録。アリアナ・グランデ(27)、ジャスティン・ビーバー(26)らと名を連ねた。さらに、米ビルボードのグローバル・チャート「Global 200」でもトップ10入りした。

 紅白は海外向け有料チャンネル「NHKワールド・プレミアム」を通じて100か国以上の国・地域で視聴可能。海外のアニメファンに向けたアプローチにもなる。昨年のステージではアニメ映像とコラボしたが、演出面でも大いに期待できそうだ。

 ◆LiSA(リサ)本名・織部里沙。1987年6月24日、岐阜県出身。33歳。2010年アニメ「Angel Beats!」の劇中バンド「Girls Dead Monster」の2代目ボーカルに抜てき。11年ミニアルバム「Letters to U」でソロデビュー。同年中国・上海で初の海外公演。14年初の日本武道館公演。座右の銘は「今日もいい日だっ。」。165センチ。血液型B。

昨年の紅白歌合戦で熱唱するLiSA
昨年のステージでは「鬼滅の刃」と“コラボ”したLiSA
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請