亜大・平内龍太が3回無失点…巨人ドラ1右腕が東都Vから中2日で登板 東都対首都の王者対決

日体大とのオープン戦に登板した亜大・平内
日体大とのオープン戦に登板した亜大・平内

 巨人のドラフト1位指名を受けた亜大の平内龍太投手(22)が7日、日体大とのオープン戦に先発、3回無失点と好投した。

 先発と抑えで連投してチームを東都大学リーグVに導いた中大戦(3、4日)から中2日のハード日程にも「思ったより体は軽かった」とタフな剛腕。「あまりよくなかった」という直球は150キロに届かなかったが、2種類のスライダーにツーシーム、スプリットと多彩な持ち球を駆使して首都リーグ王者の日体大打線に的を絞らせない。初回に2本の安打を許したものの2、3回は3人ずつでまとめ、「ゼロで終われてよかった」とほほ笑んだ。

 コロナ禍で明治神宮大会は中止。生田監督が提唱している東京六大学リーグ王者との頂上対決に備えて今後も調整を続ける。実現しない場合は今回が大学最後のマウンドとなる可能性もあるが、実戦の有無にかかわらず、1月の新人合同自主トレまで投球練習は休まず続けるという。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請