馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 阪神

真っ盛り(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は梅田の会社からのパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか♪

 さて、先ほどは軽く「梅田の会社からの…」と書きましたが、ここ数週、栗東で居残っていることが多く、実に半月以上ぶりとなる会社です。こんな出張中心のお仕事ですから、会社に行かない週があるのは何も驚くことじゃないんですが、結構半月以上ぶりというのは久々だったりします。

 で、特に久しぶりだなぁと感じたのは、ワタクシが仕事をする机の横に、大きな機械が備えつけられていて、いつの間にやらレイアウトが大きく変わっていたこと。まぁ、その機械が設置されることは聞いてはいたんですが、実際に備え付けられると、妙に落ち着きません。元々、競馬記者になって15年近く経ちますが、栗東では記者席で常に同じ場所に座っていますし、ルーティンといえば聞こえはいいけど、決まっているモノに微妙な変化が加わると、妙に気になってしまうタイプ。今日は何だかソワソワしながらのパッチパチです。

 ということで、そろそろ本題へ。今日も明日の競馬を中心に見ていきましょう。明日は3場で新馬が6鞍も組まれていますねぇ。徐々に2歳馬戦線が活性化する時期に入ってきたなという感じ。今日は東西でメインが2歳重賞でもありましたしね。

 まずは京都6Rからいきましょうか。池江厩舎から【グレイイングリーン(牡、父ディープインパクト、母リトルゲルダ)】が参戦します。お母さんは短距離重賞2勝を挙げた、14年のサマースプリント王者ですね。この馬も短距離志向が強いという見立てです。「先週でも十分に仕上がっていました。現状はマイルでももちそうですが、仕上がっていくと1200メートルあたりになりそうな雰囲気があります」と池江調教師。とはいえ、スピードには手応えを感じているようで、この厩舎にしては珍しいスプリンターを目指していくんじゃないでしょうか。

 池江厩舎はこの後も短距離志向の強い馬が控えています。29日の阪神1400メートルに【サクロモンテ(牡、父ロードカナロア、母バイラオーラ)】が、その前日の牝馬限定の芝マイルに【エルソール(牡、父ディープインパクト、母パープル)】が出走します。祖母に愛G1馬を持つエルソールは川田Jとコンビを組むようです。

 ここで少しPOG情報。今日は音無厩舎です。今週の芝2000メートルでデビューを予定していたリオンリオンの弟、【アレスクラー(牡、父ロードカナロア、母アゲヒバリ)】は延期することになりました。「先週より馬場が悪くて、滑っていたんですけど、それにしても動きが重かったですから」と生野助手。もっと動きが良化するまで、レースを決めずに様子を見ていくようです。あと、中京で新馬を勝った【ピクシーナイト(牡、父モーリス)】が栗東に戻ってきて、引き続き福永Jで秋明菊賞を予定しているとのことです。「相変わらず、動きはよさそうですよ」と生野助手。あと、同じく中京で新馬を勝っている【レアシャンパーニュ(牝、父エピファネイア)】は赤松賞に向かうようです。

 さて、明日の競馬に話を戻しましょう。阪神5Rの新馬には注目の【オヌール(牝、父ディープインパクト、母アヴニールセルタン)】が出走します。この馬に関する期待度に関しては、当ブログをご覧の皆さんなら十分に分かってもらえると思います。父ディープインパクトの血を色濃く受け継いでいるのか、「姉のデゼルよりも柔らかい」と友道調教師は口にします。と言いつつも、調教ではしっかりと時計を出し、しっかりとした動きを見せている。高い素質を持っているからこそ、でしょう。個人的に印象に残っているのは、先週の取材の中で、友道調教師が「順調にいけば、来年はG1にでも、と思っている馬」と言ったこと。姉は滑り込みでのクラシック参戦になりましたが、こちらは余裕あるローテで向かってほしい。その第一歩になってほしいモノです。

 さて、本日は東西で2歳重賞が行われました。東京の京王杯2歳Sは松永幹厩舎の【モントライゼ(牡、父ダイワメジャー)】が重賞初制覇。2着に藤原英厩舎の【ロードマックス(牡、父ディープインパクト)】ということで、何と昨日の当ブログで取り上げた2頭によるワンツー決着となりました。勝ったモントライゼですが、松永幹調教師の見立て通り、距離に融通は利きそうですね。このレース、勝ち馬以外は差し馬という楽ではない競馬の中で、東京の1400メートルを勝ち切ったことは大きい。中身の濃い競馬だったと思います。

 ファンタジーSは【メイケイエール(牝、父ミッキーアイル)】の重賞連覇。こちらは序盤から折り合いを欠きっぱなしだったんですが、それでも勝ち切るんだから強い。ただ、恐らく次戦に向けての1ハロン延長をどうこなすかがカギでしょうね。しかし、夏の札幌2歳S→小倉2歳Sに続く、白毛一族の快進撃。まぁ、この馬は白くはないんですが、大舞台で無敗激突となれば当然、注目が集まるところでしょう。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

福島10R・6カレンシュトラウス(小回り向きとは思えないが、今までとは相手関係がまるで違う。地力で圧倒)

 続いては馬券王への道 延長戦をどうぞ。

阪神3R・2ヒルノベルモンタ(初戦は外枠も響き、攻め馬のよさが生きず。十分に勝ち負けできる馬)

阪神9R・13カバジェーロ(この距離ベストか。同型少なく、先手を奪う手)

阪神10R・10オールザゴー(前走は久々の影響大。良馬場の2戦目で変わる)

福島12R・3ノボリレーヴ(この条件は合いそう。しかも、内枠に入って、一気の差し込みに期待)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請