【巨人】坂本勇人、通算2000安打達成…球団生え抜き初の東京D、歴代2位の若さで到達 右打者では最年少

スポーツ報知
1回2死、通算2000安打を達成しボードを掲げる坂本勇人(カメラ・中島 傑)

◆JERAセ・リーグ公式戦 巨人―ヤクルト(8日・東京D)

 巨人の坂本勇人内野手(31)が、プロ野球53人目となる通算2000安打を達成した。

 達成まで残り1本で迎えたこの日、東京ドーム最終戦となる試合の初回第1打席、2死走者なし。1ボール2ストライクからスアレスの128キロスライダーをレフトに運び、二塁打とした。

 「ほっとしました。焦りではありませんが早く打ちたいという気持ちがあったので1打席目に決められて良かったです。ここまで支えてくださった監督、コーチ、チームメイト、チームスタッフ、ファンの皆さんに本当に感謝しています。また、2000安打までたくさんの応援メッセージありがとうございました」

 1点リードの3回無死一塁の2打席目では、スアレスの151キロ直球を捉えてセンターバックスクリーンに運ぶ19号2ラン。自ら2000安打を祝福するかのように、2001安打目を豪快な一発で決めた。3打数3安打1四球で、全打席出塁。通算安打数は一気に2002になった。

 本拠地・東京Dでの2000安打達成は球団生え抜きでは初めて。31歳10か月での達成は、歴代2位の若さ。右打者に限れば最年少だ。

 プロ1年目の07年9月6日、中日戦(ナゴヤD)の延長12回にプロ初安打を放ち、常に「チームの勝利のための一本を」と安打を積み重ねてきた。

 14年5月20日西武戦(西武D)では通算1000安打を記録。25歳5か月で到達は榎本喜八24歳9か月、土井正博25歳4か月に次ぎ、豊田泰光、イチローと並び、年少3位タイだった。

 17年7月9日阪神戦(甲子園)では通算1500安打を達成。28歳6か月での達成。1964年に27歳9か月で達成した榎本喜八(東京)に次ぐ2番目の年少記録だった。

 今季は球団が坂本勇人特設サイトを開設し、偉業達成を盛り上げてきた。スタンドには数多くの“サカ・メーター”が掲げられていた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界が混乱する中、巨人の主将が明るいニュースを届けた。

 ◆坂本 勇人(さかもと・はやと)1988年12月14日、兵庫県生まれ。31歳。小学1年から野球を始め「昆陽里(こやのさと)タイガース」では投手。捕手だった田中将大(現ヤンキース)とバッテリーを組んだ。青森・光星学院高から06年高校生ドラフト1巡目で巨人入団。12年最多安打、16年に首位打者と最高出塁率。19年にリーグMVPを受賞。186センチ、85キロ。右投右打。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請