【東京六大学】7回の一発に泣いた慶大のエース木沢尚文 早大・蛭間に勝ち越し2ラン浴びる

7回3失点の慶大・木沢尚文
7回3失点の慶大・木沢尚文

◆東京六大学秋季リーグ戦第8週第1日▽早大3―1慶大(7日・神宮)

 ヤクルトからドラフト1位で指名された慶大・木沢尚文投手(4年=慶応)は、楽天1位の早大・早川隆久投手(4年=木更津総合)と息詰まる投手戦を展開し、1―1で7回裏の早大の攻撃を迎えた。

 1死から7番・熊田任洋遊撃手(1年=東邦)に右前安打を許し、打席には8番・蛭間拓哉中堅手(2年=浦和学院)。カウント0―1からの2球目に投じたスプリットが、外角高めに抜けた。左打席から逆方向に打ち返した打球は、左翼席に飛び込む勝ち越し2点本塁打に。これが決勝点となり、早大が先勝した。

 首位で最終週に入った慶大は、早慶戦で1勝、あるいは2分けで優勝という状況にあった。「勝てなかったのが全て。どうしても、今日決めたかった。打たれたのは申し訳ない」と木沢は責任を背負い込んだ。この日の段階で、首位は早大に。それでも、8日に勝てば優勝することができる。「もともと2試合とも投げるつもりでいたので、やり返したい」と木沢はリベンジを誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請