吉村知事が大阪発新型コロナウイルスのDNAワクチンの最新状況を報告「大量化する段階に入った」

スポーツ報知
吉村洋文大阪府知事

 吉村洋文大阪府知事(45)が7日、読売テレビの情報番組「あさパラ2時間SP」(土曜・前9時25分)に生出演し、大阪大学発のバイオ企業「アンジェス」で開発中の新型コロナウイルスのDNAワクチンの進捗(しんちょく)状況について報告した。

 すでに治験を実施し、スピード感を持って開発を進めているワクチンの最新状況を、吉村知事は「11月に入って、第3相、第4相といって、大量化する段階に入っている。安全性は一定程度確保されている」と報告。完成後は、重症化率の高い高齢者や、最前線で治療にあたる医療従事者へ優先的に接種をすすめる考えを示した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請