【楽天】ドラ4・内間拓馬に指名あいさつ「もっともっと高い意識でいかないと」

楽天の沖原スカウト(左)から指名あいさつを受けた亜大・内間
楽天の沖原スカウト(左)から指名あいさつを受けた亜大・内間

 楽天からドラフト4位で指名された亜大・内間拓馬投手(21)が6日、東京都内の同大内で後関スカウト部部長、沖原スカウトから指名あいさつを受けた。

 身長179センチで、最速150キロ右腕。亜大では1年秋からベンチ入りし、昨年の大学日本代表に選出された。沖原スカウトは「馬力のあるピッチングが一番の魅力です。ストレートに力がある。伸びしろも大きい。即戦力でありながら、もっともっとスケールの大きな投手になると確信している」と活躍を期待した。

 沖縄県出身で、幼少期には楽天の金武町キャンプを見学したこともあるという。「昔であれば、田中将大投手と岩隈(久志)投手が、一緒にブルペンで投げていたのを覚えている。かっこいいと思っていた。自分が小さい頃に見ていたように、こどもたちも(プロ野球選手を)見ていると思う。こどもたちに夢や希望を与えられたらいい。新しいステージに立つ。もっともっと高い意識でいかないと」と意気込みを語っていた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請