青学大の原監督「青山メソッド」で凸凹駅伝のリベンジ誓う 箱根駅伝開催に感謝

青学大の原晋監督
青学大の原晋監督

 第97回箱根駅伝(来年1月2、3日)で2年連続6度目の優勝を狙う青学大の原晋監督(53)が6日、自身のツイッターで大会が開催されることに改めて感謝した。同時に「青山メソッド最終工程」をスタートし、「凸凹駅伝」で4位に終わった全日本大学駅伝(1日)のリベンジを誓った。

 原監督の投稿は以下の通り(原文まま)。

 「関東学連の底力!箱根駅伝を支えて下さる関係者、ファンの皆様に感謝!学生諸君は本番まで2か月を切りより一層体調を整え本番を待ちましょう!青学大も全日本大学駅伝のリベンジと箱根駅伝6回目の総合優勝に向け青山メソッド最終工程スタート!」

 箱根駅伝を主催する関東学生陸上競技連盟(関東学連)は5日、例年通り来年1月2、3日に第97回箱根駅伝を開催することを発表した。関東学連は有吉正博会長(73)の名前で「第97回東京箱根間往復大学駅伝競走の開催について」の文書を発表。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、慎重に協議を重ねた結果、開催を決定したと説明した。駅伝ファンに向けては「選手を応援する熱い気持ちは、コース沿道から離れていても届きます。駅伝ファンの皆さまには、今回はテレビなどを通しての応援を頂ければと思います」と呼びかけた。その上で安全・安心の開催を最優先としている関東学連は「感染の状況、また今後の社会情勢の変化などによっては、大会を中止する可能性もあります」と言及している。

 例年であれば、学生3大駅伝開幕戦となる出雲駅伝(10月)が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止。変則的に今季の開幕戦となった全日本大学駅伝に向けて、原監督は「コロナに負けるな!大作戦」を発令した。

 レースは1区10位-2区13位-3区6位-4区4位-5区2位-6区6位-7区1位-最終8区4位と順位の上下動が激しく、駒大、東海大、明大に敗れた。「凸凹駅伝でした。いいところと悪いところの差が大きかった」と原監督は敗因を語った。

 ただ、大作戦は大成功。「過去最大の激戦でレースは大いに盛り上がりました。感染症対策もしっかりしていて大会運営も良かった。全大学、全関係者にあっぱれです」。原監督は負け惜しみではなく、満足そうに話した。

 青学大は過去にも全日本大学駅伝ではブレーキとなる選手が出て、苦戦することがあったが、箱根駅伝に向けて「青山メソッド最終工程」で修正し、最近の6年間で5度の優勝を誇る。前年覇者の巻き返しが注目される。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請