【広島】松山のサヨナラ打で7連勝「最後にサヨナラヒットを打てて本当に最高」

延長10回2死満塁、サヨナラ打を放つ松山竜平
延長10回2死満塁、サヨナラ打を放つ松山竜平

◆JERAセ・リーグ公式戦 広島5―4巨人(5日・マツダ)

 広島の松山竜平外野手(35)が、延長10回にサヨナラ打を放ち、引き分けを挟んで7連勝となった。

 延長10回2死満塁、松山が2ボール2ストライクから田口の直球を中前へはじき返し、決勝打をマーク。チームメイトから手荒い祝福を受け「いいところに落ちてくれた。今日は最初に犠牲フライを打って、最後にサヨナラヒットを打てて本当に最高です」とほっとした表情を見せた。

 そしてこの日は、同学年で同期入団の小窪が今季限りで広島を退団することを発表。「さみしい気持ちは当然ある。ただ、てっちゃんもまだ選手を諦めていない。どこに行ってもずっと応援し続けます」とエールを送った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請