吉高由里子、ベッドシーンカットに「覚えとけよ」 横浜流星はボタン外しに苦戦 映画「きみの瞳(め)が問いかけている」 

スポーツ報知
舞台あいさつした(左から)横浜流星、吉高由里子、三木孝浩監督

 女優の吉高由里子(32)、俳優の横浜流星(24)が5日、都内で映画「きみの瞳(め)が問いかけている」(三木孝浩監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに出席した。

 盲目の女性と元キックボクサーの青年が織りなすラブストーリーだが、三木監督によると2人が結ばれるベッドルームのシーンは惜しくもカットに。吉高は「覚えとけよ、ですよ」と恨めしげに話した。同シーンの撮影秘話として、三木監督が「横浜くんがあんまり慣れてなくて、(吉高の)ボタンを外すのに手間取っていて…」と明かすと、吉高は「カワイイじゃないですか。スッと外されるほうが嫌だ」とフォロー。横浜は「カットは俺のせいなのか…」と笑わせていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請